お給料を前借り、前払いしてもらう方法はあります!

会社で働いているサラリーマンや学生のアルバイトの方で、「お給料日まで時間があるけれど、給料を前借りしたい!」といった時に、困っている方のために「お給料の前借り・前払いの方法」を教えます。

 

会社に前借りせずに、当座のお金を借りれる方法もあります。

 

 

給料の前借りは法律的に認められています

日本には労働基準法という法律があり、その中に、従業員の給料前借りについて書いてあるページがあります。

以下厚生労働省のHPより抜粋

(質問)
従業員が給料を前借りしたいと申し出てきました。前借りの前例がないので、どのようにすればいいか教えてください。

 

(回答)
労働基準法第25条には非常時(出産、結婚、病気、災害等)について、給料日前でも給料を払うように定めています。 しかし、この条文で定めているのは、既に行った労働に対して給料日前でも支払うように定めているのであって、これから行う予定の労働に対して給料を払うように求めているものではありません。従って、前借りに応じる義務はありません。


出典:厚生労働省HP

 

上の質問と回答をまとめると・・・

お給料の前借りは非常時に限って給料日前でも払うように定められている→非常時という理由に限る
前払いをするとしても、すでに働いたぶんの給料の中からでしか前払いはできない

ということになります。
ですから、前借りは可能ではありますが、正当な理由がない限りは難しいというわけです。

利子がつかないでお金を調達する方法

お給料の前借り・前払いは可能ではありますが、申請や社長なりに申し出る理由が伴わないと、面倒くさいことになるケースがあります。また、働いている会社で前借りを申請すると、場合によっては「お金に困っている人」という印象を持たれて、働きにくくなってしまうこともあるようです。

 

筆者も以前、お給料前にどうしてもお金が必要になってしまった時に前借りを考えたのですが、上のような理由で申請できませんでした。その時に利用したのが、期間限定で無利息で借りられるサービスです。

 

今では一般的になっているかと思いますが、大手のカードローンに申し込んだのです。

 

大手カードローンは急な出費の時に使い勝手がとてもいい

給料 前借り前払いをしたいあなたへ!

カードローンとは、消費者金融とかキャッシングとか呼ばれるサービスで、大手ですと、プロミス・アコム・レイクなどが有名ですね。

 

少し怖い印象があったのですが、友人に聞いてみたところ、利用したことがあり、手続きもパソコンやスマートフォンから申し込みできるので、面倒な手続きは特になく、しかも家族や会社にもバレないで借り入れができるということでした。

 

実際、借り入れを申し込んだところ、WEB上から名前や住所等必要な事項を書き込むことで審査をしてくれて、審査に通ったら、その日のうちに借入をすることができました。

 

今では30日間の無利息サービスを行っているところも多く、「給料日前にお金が足りない」といった時に借り入れても、お給料がでた時に返済すれば利子0円で借り入れることができるのでかなり便利です。

 

筆者が借りたのはプロミスでしたが、アコム、レイクにも無利息期間がありますので、検討してみてください。正直、会社に前借り申請するよりもずっと楽ですし、イザという時にお金を借りられるカードを持っていると、とても便利です。

以下におすすめの大手カードローンの特徴をまとめますので、ご自分にあったサービスを検討してみてください。筆者のおすすめ1位はプロミスですね。

 

【特徴】

  • 限度額:1万円〜500万円
  • 24時間&土日祝日も申し込みOK&即日融資も可能
  • メールアドレスとWeb明細利用の登録で30日間無利息
  • 主婦、学生でもパートやアルバイトで安定した収入がある方は申込可能
  • WEB契約なら店舗への来店不要
  • 三井住友銀行の自動契約機や、セブンイレブンやローソンなど、全国のコンビニや銀行などの提携ATMで借り入れ可能

 

給料 前借り前払いが難しくてもすぐに借りれるのは便利です

お給料前に、お金が必要な時に勤務先の会社やバイト先などに前借りや前払いの申請をすることもできなくはないですけれど、様々なことを考えると、カードローンに申し込んで緊急の時のお守りとすると便利です。
大手でしたら、違法な金利や取り立て方法は絶対にないので安心ですし、会社員だけでなくて、大学生でも申込可能ですし、借り入れまでの時間もスピーディーというのも良い点だと思います。

 

個人的には、必要な分だけ借りて、後腐れなくお給料が出たらすぐに返すという方法のほうがラクだと感じました。

更新履歴